FEATURE

特集

CATEGORY

一緒にトライ!太陽礼拝を毎日の習慣に

2020.06.19
  • 健康について
  • 動画掲載

ヨガをされている方なら、一度は練習したことがあるという方も多い「太陽礼拝」。
今回はsuriaフレンズhirokoさんのインストラクションでこの「太陽礼拝A」をご紹介します!
ぜひムービーを見ながら一緒にやってみてくださいね。


「太陽礼拝」とは?
太陽礼拝とは、サンスクリット語で「Surya Namaskar(スーリヤナマスカーラ)」というヨガの基本的な動きの一つ。
いくつかのポーズを呼吸に合わせて、流れるようにつなげていきます。
インドでスーリヤ(太陽)は神様のひとつと言われており、この神様に向かって自然のエネルギーを与えてくれる、感謝のお祈りをするという意味が込められています。
(suriaの名前も、このスーリヤから由来しています!)
その為、この一連の動きを呼吸に合わせて行うことによって、自然のエネルギーを吸収し、心と身体の活力がアップすのと同時に、感謝の気持ちで満たされ、穏やかな気持ちになることができると言われています。


さっそく、ムービーを見ながら先生と一緒にやってみましょう!!

太陽礼拝Aのやり方

1.マットの前方に足を揃えて立ち、胸の前で合掌します。しっかりと両足裏で大地を踏みしめます。
2.吸う息で手を頭上に持ち上げ、背中を反らし天井に向かって伸びをします。視線は上げた手の先を見ます。
3.吐く息で膝を軽く曲げて前屈をします。
4.マットに手をつきお尻を下げ、正面を見ます。
5.右足を大きく後に一歩引いて、息を吸い胸を開きます。
6.両手をマットにつき、左足も後にひいてプランク(板のポーズ)。(しっかりお腹に力を入れて頭頂から踵まで一直線になるようにしましょう!)
7吐く息で膝をマットにつき、お尻を踵に下ろし、チャイルドポーズで一度身体をゆるめます。
8.四つん這いを通り、脇を閉めて肘を曲げ、胸と顎をマットに下ろします。
9.お腹をマットに下ろしたら足先を伸ばして、息を吸って上体を反らします。(腰ではなく胸から持ち上げるイメージです!)
10.つま先を立て、お尻を上へ引き上げ背中を伸ばしてダウンドック。
11.目線を手と手の間に戻し、右足を前につき吸う息で胸を開きます。
12.両手をマットについて、左足も前に揃え、息を吐きながらお尻を天井へ引き上げ前屈します。
13.吸う息で一度上体を起こし、前を見ます。
14.息を吸って、頭上で合掌し背中を反らせます。
15.目線を正面に戻し、胸の前で合掌します。呼吸を整えます。
逆側も同じように繰り返しましょう。



呼吸に合わせてポーズを行うことで、自然に心が整ってくるのを感じられます。
ヨガの練習を始める前の準備運動として。瞑想の前後に。お仕事の間のリフレッシュに。
数分間だけでできる太陽礼拝をぜひ日常に取り入れてみましょう。

suriaフレンズ hiroko先生

2014年頃から本格的にヨガを勉強し、2015年にインストラクターの資格を取得。

現在は、仕事、子育てと両立しながら、自宅でプライベートレッスンをはじめ、ヨガサークルを主催、お寺ヨガ、ふれあいセンター、エステサロンなどでレッスンをしています。
普段から頑張っている方々、特に女性たちに、仕事、家事、育児の合間の自分の時間をつくり、心と身体を整えて、
さらに、いつまでも、美しくいられる身体づくりを目指し、普段の生活にヨガを取り入れるような内容のヨガをお伝えてしています。

Instagramはこちら