FEATURE

特集

CATEGORY

毎日を心地よく!幸福度を上げるセルフケア ~夏の疲れを癒し、潤う秋の体へ vol.3~

2020.08.28
  • suiraアンバサダーコラム

みなさんこんにちは、suria アンバサダーの村上華子です。ようやく朝晩の空気の中に秋らしさを感じるようになりました。8月は【夏の疲れを癒し、潤う秋の体へ(全3回)】をテーマに、秋のセルフケアについてお伝えしていますが、梅雨からはじまったこのコラムもいよいよ最終回。これまで四季によって変化する心と体の特性について、季節ごとに紹介してきましたが、その締めくくりとして、ヨガと中医学が考える自然とのつながりについても、触れたいと思います。

 

夏が終わると、なんとなくセンチメンタルな気分になりませんか? 実はこれ、季節と体の関連が原因のひとつなんです。例えば、秋になって空気が乾燥すると、五臓六腑(内臓)のうち、呼吸によって外気とつながっている肺が乾燥し、気管支系のトラブルが起こりやすくなります。特に、夏の暑さが体にこもっていたり、汗をたくさんかいたことで潤いが消耗していると乾燥がさらに助長され、秋になって空咳がでることが顕著に…。こんな風に、季節が変われば体の状態も変わるように、感情の変化も同様に起こります。私たちが日々抱く、「怒・喜・思・悲・憂・恐・驚」という感情は「七情(しちじょう)」と呼ばれ、それぞれ特定の臓器と密接につながっています。つまり、“内臓の状態が感情を左右する”ということ。秋は、空気の乾燥や夏の疲れから「肺」が弱りやすい時期。肺は「悲しみ」の感情と関連するので、肺の機能が弱ることで、物悲しく、センチメンタルな感情が過剰に出やすくなるのです。

 

そこで、肺を元気に整えて、ハッピーな秋を送るためには、前回、前々回のコラムで紹介した、夏の消耗を癒し、潤いを作る食材(梨・三食ナムル)を積極的に取り入れながら、ゆったりとした気持ちで、肺を活性化する呼吸のエクササイズが◎。ここでは、沈みがちな気持ちを整えるのにもぴったりな、“寝たまま行う呼吸法”「ナディショーダナ」をご紹介します。寝た姿勢は緊張が抜けやすく、大地に身を預けることで、地球との一体感も感じることができますよ。

 

◆寝て行うナディショーダナ

ナディは「プラーナ(気)」の通り道。気の通り道を浄化する呼吸法です。「ナディショーダナ」といえば、左右の鼻腔を交互に押さえながら行う片鼻呼吸が有名ですが、ここでは手を使わずに行います。仰向けになり全身を脱力させ、足の裏から頭頂に向かって、全身にエネルギーを通すようなイメージを使って呼吸を行います。

【呼吸法の手順】

準備)仰向けで寝たら両ヒザを抱え、左右にゆすりながら腰や背中の緊張をゆるめる。

①目を軽く閉じ、手足を床におろしたら、吐く息と共に全身をリラックスさせます。

②はじめに、左の足裏から息を吸い込むようなイメージで頭頂まで呼吸を通す。吸い切ったら、頭頂から左の足裏に向かって息を吐きだす(×2回)

③次に、右足の裏から息を吸い込み、頭頂まで呼吸を通す。吸い切ったら、頭頂から右の足裏に向かって息を吐きだす(×2回)

④左足の裏から息を吸い込み、頭頂まで。今度は右足に向かって息を吐きだす(×2回)

⑤右足の裏から息を吸い込み、頭頂まで。左足に向かって息を吐きだす(×2回)

⑥自然な呼吸に戻り、全身を大地に預けるように脱力したまま、しばらくぽか~んとくつろぐ時間を味わいます。

 

寝たまま行う呼吸法、いかがでしたか? ヨガの呼吸法は「プラーナーヤーマ」といい、「プラーナ(気)」を「アーヤーマ(停止・伸ばす・拡散)」するという合成語で、呼吸によって取り入れたプラーナを体の中に溜め、体の隅々まで巡らせること。ちょっと壮大な言い方ですが、地球に満ちているエネルギーを自分の中に取り込み、また吐き出すことで好循環のサイクルに。呼吸を行うことによって、“地球とエネルギー交換する!”なんていうイメージでも考えられますよね。

 

そして最後に、もうひとつご紹介です。秋といえば、お月見もあります。実は、自然とつながるおすすめのイベントがあります。なんと、昨年大好評だった『月暦(つきこよみ)ヨガ』が、再び開催です。軽井沢の星野温泉(星野リゾートエリア内)にある、名物「トンボの湯」にて、私たちsuriaアンバサダーが、月の満ち欠けと体のリズムに着目したヨガのレッスンを行います。月明かりの下でヨガをした後には、ハーブティーと温泉の入浴タイムも!ご家族やパートナー、ご友人と一緒に、自然のリズムを取り戻すひとときをどうぞ。宿泊のお客様のみならず、日帰りでもご参加いただけるイベントです。(私が担当するレッスンでは、今回ご紹介した呼吸法も実践します!)たくさんのみなさまと、現地でお会いできますように。

 **********************

<イベント概要>

2020829日スタート

星野温泉トンボの湯×suria『月暦ヨガ』

https://online.suria.jp/ivent/tsukikoyomiyoga2020blog/

 

suriaアンバサダー 村上華子先生

2004年にヨガを始め、綿本彰氏にヨガを学ぶ。ヨガ仲間と共に『HAS YOGA銀座』を設立。
また、ヨガの指導のかたわら、中医学をベースにした薬膳フードデザイナーの資格を取得し、ヨガと薬膳のコミュニティー『季結び庵』を主宰。
ヨガによる心身の健康法に加えて、日本の風土、四季の移ろいに合わせた薬膳(食養生)のレクチャーも行い、自然と調和した、心地よい暮らし方の提案している。

2015年~アジア最大級のヨガイベント『ヨガフェスタ横浜』に、講師として毎年登壇。
さらに、ヨガを中心に心と体に向きあうための記事を執筆する編集・ライターとしても活動の場を広げ、様々な角度からヨガの魅力を伝えている。

Instagramはこちら